広告

【パトリック スニーカー 評判】おすすめポイントと選び方

[P PATRICK] スニーカー(日本製) MARATHON(定番) 9624 グレー 26.5 cm

 
パトリック スニーカーは、外国製スニーカーに比べて、安くてオシャレであり、デザイン・機能性・履き心地など、あらゆる面で高い評価を得ています。本記事では、パトリック スニーカーのおすすめポイントと選び方について詳しく解説します。
 

1.パトリック スニーカー について

 
パトリック スニーカーは、1892年にフランスのプゾージュ村で靴職人のパトリック・ベネトー氏によって設立されたパリを拠点とするスポーツシューズブランドです。サッカーやマラソンなどスポーツシューズとしてもとても有名です。
 

2.パトリック スニーカーのデザイン

パトリック スニーカーのデザインは、シンプルでベーシックなものが多く、サイドの2本線が印象的です。ちなみにアディダスは3本線ですね(笑)
カジュアルなスタイリングに合わせやすいとされています。代表的なモデルとしては、「シュリー」、「マラソン」、「スタジアム」、「アイリス」などがあります。また、パトリック スニーカーは1990年に日本でも生産開始され、フランスのデザインと日本の職人の手作業による品質の高さの融合、またそのシンプルなデザインはスポーツ選手だけではなく、ファッション通若者の間にも広まりました。現在では、フランス国内を中心に、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界中で販売されています。
 
 

3.パトリック スニーカーとスポーツ

パトリック スニーカーは、スポーツシューズブランドとして誕生した歴史から、様々なスポーツに使用されています。1980年代には、パトリック スニーカーを着用したトップアスリートが多数存在し、特にフランスではテニスやサッカーなどでよく使用されることが知られています。
80年代ヨーロッパのサッカー黄金期にミシェル・プラティニケビン・キーガンと契約。
*ミシェル・プラティニの伝説としてとても有名な話。
 
1985年12月8日 トヨタカップ決勝(国立競技場)での幻のゴール
 
この時にはいていたのはパトリックシューズでした。
 

4.パトリック スニーカーの価格帯について

 
パトリック スニーカーの価格帯は、モデルや素材、デザインによって異なりますが、一般的には1万円前後から3万円程度のものが多く、ビジネスシューズや高級スニーカーと比較して、比較的リーズナブルな価格設定とされています。
 
 

5.パトリック スニーカーの選び方と購入について

 
パトリック スニーカーを選ぶ際には、自分の足に合ったサイズを選ぶことが大切です。また、どのような用途で使用するかによって、デザインや素材などを選択することが重要です。通勤用として使用する場合には、シンプルなデザインでビジネスにも使えるものを選び、スポーツ用として使用する場合には、クッション性や耐久性などが重視されます。
 
パトリック スニーカーは、オンラインショップや直営店、セレクトショップなどから購入することができます。価格帯には少し差があるかもしれませんが、販売する店舗や最新の販売キャンペーンによっても異なる場合があります。
 

6.パトリック スニーカーの限定モデル

 
パトリック スニーカーには、季節限定やコラボレーションなど、限定モデルが多数存在します。
 

7.まとめ

 パトリック スニーカーは安価でありながら、オシャレでデザイン、機能性、履き心地などあらゆる面で高い評価を受けています。シンプルなデザインはビジネスシューズとも相性が良く、日本人の足型に合わせたラストを使用しており、フィット感が良く足を疲れさせません。耐久性や通気性に優れた素材を使用し、クッション性も高めに設計されています。選ぶ際には自分の足に合ったサイズや用途に応じたデザインや素材を選ぶことが大切です。パトリック スニーカーは手頃な価格でありながら高品質なので、気軽に試してみる価値があります。